Facebookのメッセージ機能がバージョンアップ

すでにお気づきの方も多いかと思いますが、

Facebookのメッセージ機能がバージョンアップ、仕様が変更されていますね。

いくつかの変更点と便利な機能を改めてまとめてみました。

 

・インターフェイス

左側に最近やりとりをした友達、右側にメッセージの内容というように、

見た目がまず大きく変わりました。

以前のバージョンだと、クリックしてメッセージの内容を見て、一覧にまた戻ってと、

行ったり来たりする必要がありましたが、もうそんな必要はいりませんね。

 

・複数枚の画像をまとめて添付


メッセージに画像の添付を簡単にできるようになりました。

既にFacebookに投稿した写真は、

サムネイルからチェックを入れて、選択することで、

複数枚を手軽に添付することができるようになっています。

 

・絵文字を使用

メッセージの絵文字を追加することが可能となりました。

チャット機能では追加することができていたのですが、

メッセージ機能でも追加することができるようになっています。

 

・検索機能

 

メッセージの本文を検索することができます。

過去のメッセージの中から、キーワードで検索することができます。

検索したキーワードは黄色くマーカーで表示されます。

 

・開封を確認することができる

送ったメッセージが開封された日時を確認できます。

 

・アクションでメッセージを転送することができる

メッセージ画面の右上にある「アクション」というメニューボタンがあります。

クリックして開くプルダウンメニューから、

「メッセージを転送」を選択して、転送することができます。

 

・知ってると便利、ショートカット機能

キーボードショートカット機能があるのはご存知でしたか?

「アクション」のメニューから確認することができます。

 

 

・まとめ

非常に使いやすくなって、「改良」と言えるのではないでしょうか。

ビジネスシーンでも通常のメールではなく、

Facebookのメッセージ機能を使う機会が増えてきました。

今後もFacebookがコミュニケーションプラットフォームとして担う役割は大きくなっていきそうですね。

 

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

株式会社ライフクルー
HP. http://www.lifecrew.jp/
Facebookページ. http://www.facebook.com/LifeCrew.fb

鬼追 善久「Facebook逆引きQ&A126」
Facebookページ https://www.facebook.com/kioi.QAbook

 

 

 

タグ

2012/10/27 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Blog

Facebookの過去の投稿範囲も一括で変更

その投稿、知らない人に見られているかも!?

Yahoo!とFacebookが連携を強化し、

Yahoo!のリアルタイム検索でFacebookの投稿も

検索結果として表示されるようになりました。

 

この検索結果に表示されるのは、公開範囲を「公開」とした投稿です。

つまり公開範囲を「友達」や「友達の友達」までとした場合は

検索結果に表示されなくなるのは前述の通りです。

 

リアルタイム検索でいろいろ検索して見ていると、

結構キワドイ投稿もありますね。

たぶん、そのユーザーは、

投稿は友達になってる人にしか届いてないし、

第三者には見られていないんじゃないか、

と思っているのかもしれません。

 

しかし「公開」で投稿すると、誰でも見ることができてしまいます。

投稿をする際には十分、注意しましょう。

 

とはいえ、「今からは注意するとして、過去に投稿したものは…?」

と、心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、

過去に投稿したものも公開範囲を一括設定することが可能です。

公開範囲は、「友達」までとなります。

 

過去の投稿の公開範囲を一括変更する

過去の投稿の「共有範囲」、つまり公開範囲を一括で設定するには、

「プライバシー設定」から行いましょう。

プライバシー設定を行うにはFacebookの画面右上にある「▽」ボタンから、

プルダウンメニューで「プライバシー設定」を選択します。

プライバシー設定の画面に移動しましたら、

「過去の投稿の共有範囲」というメニューの「過去の共有範囲を管理」というリンクをクリックします。

「タイムラインの過去の投稿の共有範囲を制限」という画面が出てきますので

「共有範囲を変更」をクリックします。

一括での変更は元に戻すことができません。後で元に戻したくなった場合は、

個々の投稿ごとに変更することが必要となりますので注意しましょう。

問題なければ「承認」ボタンをクリックします。

以上で、過去の投稿の公開範囲も設定完了です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

株式会社ライフクルー
HP. http://www.lifecrew.jp/
Facebookページ. http://www.facebook.com/LifeCrew.fb

鬼追 善久「Facebook逆引きQ&A126」
Facebookページ https://www.facebook.com/kioi.QAbook

 

タグ

2012/10/22 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Blog

Yahoo!とFacebookが連携を強化。

Yahoo!とFacebookが連携を強化。

Yahoo!とFacebookとの連携が強化されました。

Yahoo!のトップページでFacebookの新着情報が確認できたり、

リアルタイム検索では、Facebookの検索結果として表示することができるようになります。


Yahoo! JAPAN、Facebook®とのパートナーシップに基づき、連携を本格化

Yahoo! JAPAN – プレスリリース

トップページでは、Facebookの新着情報を表示します。トップページに表示される新着情報では、友達やメッセージ、ニュースフィードのアイコンを表示し、ページを移動せずにその場でFacebookのコンテンツをお楽しみいただけます。「ニュースフィード」はもちろん、「友達リクエスト」「メッセージ」「お知らせ」の新着及び、そのサマリ情報をトップページ上で確認できるのは国内で初めての取り組みです。

「リアルタイム検索」では、検索対象にFacebookの全公開と設定された投稿が加わります。「リアルタイム検索」は本機能追加により、日本で唯一のFacebookとTwitterの100%コンテンツを同時に検索できるサービスとなり、ソーシャルメディアを通した日本のいまをより俯瞰できるようになります。また、Facebookの全公開と設定された投稿のみを検索したり、投稿数のグラフ表示も可能です。

 

投稿をリアルタイム検索の結果に表示させたくない場合は。

リアルタイム検索では、Facebookの投稿も検索できるようになっていますが、

投稿の公開範囲を「公開」にしている投稿が検索結果に表示されますので、

リアルタイム検索に投稿を検索されないようにするためには、

投稿する際に公開範囲を「友達」までなどに変更しましょう。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

株式会社ライフクルー
HP. http://www.lifecrew.jp/
Facebookページ. http://www.facebook.com/LifeCrew.fb

鬼追 善久「Facebook逆引きQ&A126」
Facebookページ https://www.facebook.com/kioi.QAbook

タグ

2012/10/17 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Blog

実名のFacebookはコワイ?

Facebookを始めるにあたって、

「実名だから、コワイ。。」「炎上するのではないか?」

といった不安を相談されることもよくあります。

 

先日のニュースで、

印南の小学校教諭 フェイスブックで保護者を中傷 – 日高新報 Web Hidaka

といった報道があり、思うところもあるので書いておきます。

結論から言いますと、この問題の原因は、

  • 実名だから、
  • Facebookだから

というわけではなく、

発言そのものが問題であり、

かつ、それを誰でも見られる状態であったということです。

当人は、ごく親しい仲間うちだけに見せているつもりで書き込んだということですが、

投稿の公開範囲の設定も「公開」のままだったようです。

 

このような事態を未然に防ぐには、

  • 発言に注意する
  • 公開範囲の設定をきちんと行う

ということです。

 

Facebookを始め、ソーシャルメディア、オンライン上に

ものごとを投稿する、写真を掲載するということは、

誰かに見られる可能性があるということを念頭に置かねばなりせん。

また、その上で発言には十分な注意が必要です。

 

面白半分または感情的に書き込んで投稿する前に、

ひと呼吸置いて、考えてから「投稿」のボタンを押すようにするといいかもしれませんね。

 

Facebook初心者の方、

もしくはこれからFacebookページも作ってビジネス的に使おうという企業、またその担当者さん、

炎上の原因は、実名だから、Facebookだからということではなく、

「発言」そのものであることが多いです。

 

その点、ご注意いただければ、

実名のFacebookも安心して活用することができます。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

株式会社ライフクルー
HP. http://www.lifecrew.jp/
Facebookページ. http://www.facebook.com/LifeCrew.fb

鬼追 善久
拙著「Facebook逆引きQ&A126」
Facebookページ→ https://www.facebook.com/kioi.QAbook

タグ

2012/10/16 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Blog

このページの先頭へ